スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
ブログの記事一覧
2018 / 01 / 01 ( Mon ) 23:08:25
1.漫画

◇タビと道づれ
1 2 3
恋の撮り方
わたしと先生の幻獣診療録
◇ひとりぼっちの地球侵略
1 2
コンプレックス・エイジ
とある飛空士への追憶
◇コミックブレイド
1
◇総括系
巻数単位で選ぶ、2015年漫画10選

2.アニメ

◇赤髪の白雪姫
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
四月は君の嘘
◇響け!ユーフォニアム
1 2
ハルチカ
放課後のプレアデス
プリティーリズム
◇総括系
話数単位で選ぶ、2015年TVアニメ10選
2015年夏アニメ(感想/作品別)

3.音楽
◇坂本真綾
FOLLOW ME UP

4.小説
◇堀江敏幸
熊の敷石
ゼラニウム
北村薫『1950年のバックトス』
日本霊異記

5.その他
2015年冬コミ宣伝
ひとりぼっちの地球侵略ブログ大会の感想
スポンサーサイト
未分類 TB:0 CM:0 admin page top↑
恋の撮り方(感想)
2017 / 05 / 27 ( Sat ) 21:37:26
たなかのか『恋の撮り方』(漫画)(電撃大王/アスキー・メディアワークス)

『恋の撮り方』第1話 感想 ――恋する瞬間――

1.はじめに

 『タビと道づれ』『伊賀ずきん』『すみっこの空さん』などでおなじみ、私が最も敬愛する漫画家のたなかのか先生の新連載です。マッグガーデンで連載して欲しかったという思いもない訳ではないですが、絶筆の可能性もあっただけにもう嬉しくて嬉しくて。今日、読める日が来たことを幸せに思うのです。

続きを読む
TB:0 CM:0 admin page top↑
わたしと先生の幻獣診療録(感想)
2017 / 05 / 14 ( Sun ) 20:19:13
火事屋『わたしと先生の幻獣診療録』(コミックガーデン/マッグガーデン)

『わたしと先生の幻獣診療録』感想――魔術の残る世界で――

1.はじめに

 マッグガーデンといえば私のいちばん大好きな出版社で、『タビと道づれ』『スケッチブック』『ほしのうえでめぐる』『京洛れぎおん』『戦国妖狐』など私の中のビッグタイトルが燦々と煌めいている会社でもあります。私は『タビと道づれ』の終了間際(あるいは『あまんちゅ!』の連載開始当初)から雑誌を読み始めて、お気に入りの作品が続々終わってしまって少し切ないというのが最近のマッグガーデンへの感覚でした。
 そんな折についに始まったのが『わたしと先生の幻獣診療録』でした。まさに読みたいマッグガーデンの作品だったのですよ。上手い言葉が出てこないのですが、『タビと道づれ』や『ARIA』などのリリカルさを感じさせられて、胸に迫るような。そういう系統が雑誌自体に意識されていた(ように見えた)頃もありましたよね、とか。とにかく、こういう作品が好み過ぎて、それがマッグガーデンで読めたのが嬉しくてしょうがないのです。

続きを読む
コミックブレイド TB:0 CM:0 admin page top↑
プリティーリズム(感想)
2017 / 04 / 19 ( Wed ) 19:53:21
『プリティーリズム』(アニメ)(タカラトミーアーツ/シンソフィア/原作:ゲーム)

プリティーリズムシリーズ お気に入りのプリズムショーの覚書

1.はじめに

 プリティーリズムのシリーズの今年の1月からとにかくハマっているのですが、各作品51話もあるのでなかなか全体を見返すことができなかったり、あんまりにも好きすぎたりでかえって記事を書ける気がしないのが現状です。ということで、今回は作品全体の感想の代わりに、プリズムショーについての覚書なら書けそうという事でやってみました。
 一応、好きなプリズムショーベスト10(順不同)という形にしています。エピソード全体を見るのではなくあくまでもプリズムショーを見ますが、そのショーのあった回や他のエピソードなどを読み込んだ上で選びました。

続きを読む
アニメ TB:0 CM:0 admin page top↑
2016年冬コミ宣伝
2016 / 12 / 28 ( Wed ) 20:48:00
2016年冬コミ宣伝

1.はじめに

 今年も冬コミでいくつか寄稿させていただきました。twitterでも宣伝させていただいておりますが、こちらでも改めて。寄稿と刊行が確定した順番に書いていきます。

2.寄稿先一覧

1.アニメ・マンガ評論刊行会さん『アニバタ Vol.16 [特集]聲の形』(委託のみ)

 たつざわさんらによる『聲の形』の評論集です。キャラクター論、イメージ論など全6部立てで、30名以上の方が様々な視点から『聲の形』について書いてます。
 私はキャラクター論で、西宮と将也が手をつなぐ/つなげないということを中心に、作品全体にアプローチしていきました。色んな語り方が出来る作品だとは思いますが、私自身はかなりシンプルな図式を描いたつもりです。

詳細はこちら
http://www.hyoron.org/anibata16

委託先
•M.O.M.発行準備組合さん(2日目東Q29a)
•アニメクリティーク刊行会さん(3日目東V50b)

2.F会さん『Fani通2016上半期』(委託のみ)

 300頁近い大規模なアニメのレビュー雑誌です。今年の春アニメと夏アニメに劇場版等の諸アニメを網羅しております。毎号毎号、各参加者が自分の好きなアニメについて熱く語っておりますので、何か一つでも好きなアニメがあった方はぜひお読みください。また、アニメの人気傾向などの分析も行われており、たくさんの方が参加されているからこそできる企画です。
 私は今回『少年メイド』『アンジュ・ヴィエルジュ』『タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~』『君の名は。』『planetarian~星の人~』も書いております。今回はちょっと作品数が少なめですが、前3作品には特に力を入れていますので、お読みいただけたら幸いです。

詳細はこちら
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=60573182

委託:M.O.M.発行準備組合さん(2日目東Q29a)ほか
COMIC ZINさんへの書店委託も12月30日頃から始まります。

3.詳細未決定(委託のみ)
まだ公式に発表されてないので書けないのですが、とある漫画についてドラマCDを起点にその魅力について語っております。正式発表がされ次第追記いたします。

4.おわりに

 初めてお世話になる所も含めて、今年も3か所で寄稿させていただきました。編集さんには大変お世話になりまして、自分一人で書いたものよりずっと良くなっていると思います。一緒に寄稿されている方も素敵な方が多いので、ぜひ手に取ってくださると幸いです。
その他 TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME * next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。