ひとりぼっちの地球侵略(感想)
2015 / 02 / 20 ( Fri ) 10:54:53
小川麻衣子『ひとりぼっちの地球侵略』(ゲッサン/小学館)

相当久しぶりの更新です。私事でなかなかゆっくり漫画が読めないのです。

さて、『ひとりぼっちの地球侵略』はゲッサン連載で、主人公の少年と地球を侵略しに来た少女とボーイ・ミーツ・ガールです。現在7巻まで単行本が刊行されています(2015年2月現在)。

ある日突然、主人公は仮面をつけた少女に「お前の命を、もらいにきた」と襲われ、心臓を狙われます。この心臓は、かつてこの少女が瀕死の彼に分け与えたものだったのですが、主人公と同化していて取り返すことはできませんでした。
もちろん主人公はそんな事は知らなかったのですが、「宇宙人の強い力を秘めた心臓が同化したことで彼はもう人間ではなく宇宙人の側になった、だから一緒に地球を侵略しよう」と少女から持ちかけられます。
主人公はそれを断りますが、その日彼の家に地球外生命体が乗り込んできて、男手ひとつで主人公とその兄弟を育ててきた祖父を襲います。成す術のない主人公の前に、少女が現われて一緒に地球を征服するなら祖父を救うと声を掛けられます。
主人公はそれを飲み、かくして二人は地球を征服するという目的を果たすため動き始めす。

地球を侵略・征服すると言っても、基本的には少女とは異なる星から来た地球外生命体の地球侵略を食い止める話であり、またそれを通じて二人が絆を深め成長していく物語です。後者の方に重点が置かれているために、戦闘は1巻に1回くらいとそんなにありません。
サンデー系列らしく、落ち着いた筆致で丁寧に二人の姿を描写していくところが魅力的で、序盤からいきなりクライマックスかというほどの盛り上がりを見せます。百聞は一見にしかずとは言ったものですが、一巻いや一話でも読んでみて欲しい作品です。

さて、作品紹介はざっとここまでにして、最新刊までの雑感といきたいと思います。
続きを読む
スポンサーサイト
TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *