赤髪の白雪姫(感想) その11
2015 / 09 / 29 ( Tue ) 00:42:40
あきづき空太『赤髪の白雪姫』(アニメ)(ボンズ/原作:漫画)

赤髪の白雪姫 第11話 感想 ――手を取り合う――

1.はじめに

 ついに、ついにきましたよ。『赤髪の白雪姫』はどこまで進むのだろう、8巻まではいくのかなと思ったらまさかの最終回の手前にきてようやくですよ。無事にたどり着いてくれて本当にうれしくてたまりません。
 11話がどういう話であるかはもちろん説明するまでもありません。気持ちの動いた大きさに反して、今までで一番書くことがない回かもしれません。そんなこんなでいつも通りざっくりいきます。
続きを読む
スポンサーサイト
アニメ TB:0 CM:0 admin page top↑
赤髪の白雪姫(感想) その10
2015 / 09 / 27 ( Sun ) 21:33:11
あきづき空太『赤髪の白雪姫』(アニメ)(ボンズ/原作:漫画)

赤髪の白雪姫 第10話 感想 ――新たなる道――

1.はじめに

 評判がものすごく高い10話ということでわくわくして見たのですが、期待を裏切らない出来でしたね。特に、これまでの流れを踏まえるとなおのこととてもいい回だったと思います。例によって例の如く、先の話を見ていない体で書いていきます。
続きを読む
アニメ TB:0 CM:0 admin page top↑
赤髪の白雪姫(感想) その9
2015 / 09 / 27 ( Sun ) 01:18:28
あきづき空太『赤髪の白雪姫』(アニメ)(ボンズ/原作:漫画)

赤髪の白雪姫 第9話 感想 ――結ばれる信頼――

1.はじめに

 内心は8話とまとめて書いた方が良いと思ってたのですが、見てない体なのでちゃんと分けました。いつも通りざっくりいきます。

続きを読む
アニメ TB:0 CM:0 admin page top↑
赤髪の白雪姫(感想) その8
2015 / 09 / 25 ( Fri ) 21:00:10
あきづき空太『赤髪の白雪姫』(アニメ)(ボンズ/原作:漫画)

赤髪の白雪姫 第8話 感想 ――ガラク本領発揮――

1.はじめに

 とにかく完成第一ということで、さっそく書いていきます。引き続き9話以降は見てない体です。
続きを読む
アニメ TB:0 CM:0 admin page top↑
赤髪の白雪姫(感想) その7
2015 / 09 / 24 ( Thu ) 21:09:06
あきづき空太『赤髪の白雪姫』(アニメ)(ボンズ/原作:漫画)

赤髪の白雪姫 第7話 感想 ――歩み出す二人――

1.はじめに

 思った以上に5話と6話に時間を取られてしまって、段々時間が無くなってます。というわけでざっくりと。
続きを読む
アニメ TB:0 CM:0 admin page top↑
赤髪の白雪姫(感想) その6
2015 / 09 / 23 ( Wed ) 16:03:44
あきづき空太『赤髪の白雪姫』(アニメ)(ボンズ/原作:漫画)

赤髪の白雪姫 第6話 感想 ――本編開始――

1.はじめに

 続けて6話をば。とにかく完走することが大事だという事で、完成させることを第一にさくっと書いていきます。いつもざっくりといいつつ中身はざっくり、分量は無駄に多いという詐欺をしている気がしますが、何度目かの正直ということで。いつもみたいに、番号振って書いていったら絶対のびるので、おまけのつもりで書いていきます。あと、後ろの話数は放送されていない体で書きます。
続きを読む
アニメ TB:0 CM:0 admin page top↑
赤髪の白雪姫(感想) その5
2015 / 09 / 22 ( Tue ) 18:40:10
あきづき空太『赤髪の白雪姫』(アニメ)(ボンズ/原作:漫画)

赤髪の白雪姫 第5話 感想 ――ゼンの目指す道――

1.はじめに

 なにやらご無沙汰しています。およそ1月程度でしょうか。そろそろ5話について感想書きたいなと思っていたのですが、結構苦戦しているうちにあれやこれやと。最終回も近いこのあたりで、とにかく最後まで感想をまとめておきたいと思ったので復活しました。いつも無駄に長いという悪癖除去のためにも、今回は短く短くやっていこうかなと。
 で、5話の何が難しいかと言いますと、ゼンのキャラクター像なんですよね。物語の中でゼンがとるべき道とそれに対して過去から未来に渡ってのゼンの行動とそれを結び付けてみるのがすごく難しかったのです。今回は、5話に即して簡単にまとまらないまま書きつけていきます。
続きを読む
アニメ TB:0 CM:0 admin page top↑
ひとりぼっちの地球侵略(感想) その2
2015 / 09 / 09 ( Wed ) 11:39:07
小川麻衣子『ひとりぼっちの地球侵略』(ゲッサン/小学館)

ひとりぼっちの地球侵略 感想その2 ――心臓、首輪、傷――

1.はじめに

 『ひとりぼっちの地球侵略』について自由に書いていいってなると、おおよそ書きたい方向性としては前回書いたことと変わらないのですが、諸事情であれで書くのはどうだろうと思うことが多くありまして。じゃあほかに何が書きたいかと考えた時に出てきたのが『魚の見る夢』でした。かたや心臓、かたや首輪でどこか通ずるものを感じた記憶があったためです。この作品と合わせて何か作品の魅力を引き出せたらと思い書いてみます。多少どころか大いに時間に限界がありますが、頑張ります。
 今回のブログは『ひとりぼっちの地球侵略』の1巻から8巻までと『魚の見る夢』の全巻のネタバレを含みます。また、『魚の見る夢』を未読の方は、2,4,5,7,8だけ読んでいただいても分かるようにしています。また、本稿はさいむさんのブログに多くを負っていますので、適宜ご参照ください(http://thursdayman.hatenablog.com/)。

続きを読む
TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *