四月は君の嘘(感想)
2015 / 11 / 18 ( Wed ) 23:40:10
新川直司『四月は君の嘘』(アニメ)(アニプレックス/原作:漫画)

四月は君の嘘 感想――有馬公生と宮園かをりをめぐって――

1.はじめに

 いろんな方が『四月は君の嘘』が良かったよと仰ってて私もずいぶんと前から気になっておりました。幸い、アニメにはまり原作を全巻そろえた友達がいたので、その方から借りて読むことが出来ました。最終巻が発売してひと月が経った頃だったのですが、期待していたものよりもはるかに面白く夢中で読んだことははっきりと覚えています。
 それからしばらくして、つい先日『四月は君の嘘』のアニメ版を視聴する機会があり、これも非常に楽しんだことに加えて、ある意味では原作とはまた全然違う作品になっていたことにひどく驚きもしました。このあたりは私自身とても面白いと思っていて、せっかくなので忘れないうちにメモ的に残しておこうかと思います。
 なお、ここから先は原作とアニメ版の両方のネタバレになっているのでご注意ください(物語の展開的にはさして「ネタバレ」はないのですが)。また、私の手許には原作がないため、原作に関しては完全に記憶に頼っており誤りがあるかもしれないのでご注意ください。

続きを読む
スポンサーサイト
アニメ TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *