タビと道づれ(感想2)
2013 / 12 / 01 ( Sun ) 00:00:00
たなかのか『タビと道づれ』(マッグガーデン)全6巻

 前回、「わたし」と「あなた」について書きました。あの時、すごく不十分なものでした。今回は、その補足というわけではないのですが、また思ったことをつれづれと書きたいと思います。
 なお、この原稿自体は前回の投稿と同じときに書いたものがだったりするので、今回の投稿時とは少し違うことを感じているかもしれません。
 ネタバレが大きいので、続きを読むからお読みください。

ツキコさんと名前

 作中の中で、彼女の描かれ方はどこか特殊だとふと思いました。第二巻で出てくる「あなた」みたいな彼女は一体なんだったのでしょう。
 緒道の秘密を抱え込み、また自分の秘密を抱え込むように、ツキコさんはあまりにも違う人物として描かれています。「あなた」みたいな人物として生きなければならなかったのが、本作に至るまでの彼女の悲劇だったのかもしれません。第五巻での回想に出てくる彼女は全く別の人間で、おそらくそれが彼女の自然に近いのでしょう。
 もしかすると、彼女は居場所のためではなく、ヨウコのためにそのような自分を演じなければならなかったのではないかと思うことがあります。
 ツキコさんは、今の自分の生き方を名前を盗んだ罰だとみています。ツキコさん自身が望んで盗んだわけではなく、ただ彼女は「ツキコ」と呼ばれただけです。それでも彼女は盗んだというのです。
 その言葉には、ヨウコの死は描かれていないのです。ただ、ツキコという名前を盗んで名乗っているに過ぎないとも言えます。そう、ヨウコは生きているのです。彼女がツキコとして「あなた」みたいに振る舞うのは、ヨウコを殺さないためなのです。
 ツキコとして生きる、偽りの「私」=ツキコと強く自覚して生きることで、本当の「私」=ヨウコは確かに彼女の中で消えることはないのです。ツキコとして「名前を盗んで」生きるということは、「いてもいい場所」で生き、そして本当の「私」を守るためなのです。
 だからこそ、彼女は第二巻と第五巻で異なるように描かれたのかもしれません。ツキコと呼ぶ人々に対して、彼女はそのように生きるのです。一方で、イズミさんと呼ぶコウイチさんに対して、第五巻での彼女はツキコではなくヨウコとしての姿を見せたのです。
 でも、彼女はイズミさんでしかなかった。誰にでも優しいことは「無関心」だと、コウイチに対して思ってしまった彼女は、結局のところヨウコとして受け入れられていないという風にも見えてしまいます。彼女とコウイチの関係は相当非対称です。ニシムラさんとはツキコちゃん、ミッちゃんと名前で呼び合うのに対して、コウイチとはイズミさん、コウイチさんと名前で呼び合うことはしていません。オズ先生、オズさんではなくて、コウイチさんと呼ぶ「私」に対して、名前で呼んでくれないその姿が「無関心」と映った、そういう可能性が考えられます。ツキコとしては見なくても、結局ヨウコとしても見ようとしないから、だから彼女はあの日々が幸せではなかったと言うのです。
 また、どうしてニシムラさんはヨウコとは呼ばなかったのでしょうか。彼は真実を知っていたのに、それでもヨウコと呼ぶことを選んでいないのです。
 私は、彼が「おまわりさん」だったからだと思うのです。もちろん、コウイチとツキコの関係を知っていたからというのもあるでしょう。でも、彼にとっての「おまわりさん」は彼女にとっての「ツキコ」と同じ意味を持っていたのです。つまり、そう呼ばれたから。それが彼にとっての「いてもいい場所」だったからです。本当の自分を見てくれない彼女に、彼女の本当の名前を呼ぶことはとてもできなかったのです。自分がツキコと呼ばれてしまったのと同じことを、彼女は皮肉にもニシムラさんにもしているのです。そして彼女がツキコとしてしか居場所が与えられなかったように、ニシムラさんにもおまわりさんとしてしか居場所を与えられなかったのです。ですから、「おまわりさん」ではない一人の人間として、彼女の本当の名前を呼ぶことは、自分の居場所をなくしかねない行為だったのです。世界にとっていてもいなくてもいい存在だと信じるニシムラさんにとって、自分から世界を必要とするのは「おまわりさん」を受け入れることだったのです。
 結局、彼女が欲しいものを手に入れられなかったのは、彼女自身の言葉のせいだったかもしれません。このコウイチとニシムラさんとの二つの関係が異なる理由で彼女に欲しいものを与えられなかった。それが彼女の悲劇だったのです。
スポンサーサイト
コミックブレイド TB:0 CM:0 admin page top↑
<<とある飛空士への追憶 * HOME * タビと道づれ>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://komagomamako.blog.fc2.com/tb.php/9-7bad07ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *